トップページ > 目的別に探るサプリメントと栄養成分 > 骨粗しょう症

骨粗しょう症

【骨粗しょう症とは】
カルシウムは主に骨に蓄えられていますが、体の細胞にも必要な栄養素であるため、血液中にも一定量含まれています。
カルシウムが不足すると、骨からカルシウムが溶け出して血液に送られます。この状態が続いて骨がスカスカになり、もろくなる病気が骨粗しょう症です。
更年期以降の女性に多く見られる症状です。
エストロゲンという女性ホルモンは、カルシウムを骨に沈着させる働きがあり、更年期以降は女性ホルモンが減少していくために、骨が弱くなりやすいのです。

【骨を強くするために】
日頃の食生活で、吸収率の高い食品(乳製品など)からカルシウムを摂取しましょう。
また、カルシウムとともにマグネシウムも摂らないと上手く吸収出来ないばかりか弊害も出てきます。
カルシウムの吸収を助けるビタミンDは食事からだけでなく、日光に当たることで体内で生成されます。

サプリメントではもちろんカルシウム、そしてビタミンD。骨を丈夫にするコラーゲン、骨の形成に役立つビタミンKの含まれるものを。
更年期以降の女性には、エストロゲンと同様に作用する大豆イソフラボンがおすすめです。

Topに戻る〜食品から健康を考えるa-Supply〜