トップページ > サプリメントの基礎知識 > 保健機能食品制度

保健機能食品制度

保健機能食品制度とは厚生労働省が平成13年にまとめた制度で、次のように述べられています。

保健機能食品制度とは、従来、多種多様に販売されていた「いわゆる健康食品」のうち、一定の条件を満たした食品を「保健機能食品」と称することを認める制度で、国への許可等の必要性や食品の目的、機能等の違いによって、「特定保健用食品」と「栄養機能食品」の2つのカテゴリーに分類される。
 
◯特定保健用食品は、身体の生理学的機能や生物学的活動に影響を与える保健機能成分を含み、食生活において特定の保健の目的で摂取をするものに対し、その摂取により当該保健の目的が期待できる旨の表示をする食品である。食品を特定保健用食品として販売するには、個別に生理的機能や特定の保健機能を示す有効性や安全性等に関する国の審査を受け許可(承認)を得なければならない。
◯栄養機能食品は、身体の健全な成長、発達、健康の維持に必要な栄養成分(ミネラル、ビタミン等)の補給・補完を目的としたもので、高齢化や食生活の乱れ等により、通常の食生活を行うことが難しく、1日に必要な栄養成分を摂取できない場合等に、栄養成分の補給・補完の目的で摂取する食品である。栄養機能食品と称して販売するには、国が定めた規格基準に適合する必要があり、その規格基準に適合すれば国等への許可申請や届出の必要はなく、製造・販売することができる。

つまり有効性、安全性の審査を受けて承認されたものを「特定保健用食品」、
不足した栄養を補うために摂取する食品で、許可の必要のない製品を「栄養機能食品」といいます。

また、栄養機能食品といっても規格には適合されていることが前提ですから、
規格に適合していないものは「一般食品」の扱いになりますので注意が必要です。

Topに戻る〜食品から健康を考えるa-Supply〜


健康ニュース