トップページ > 目的別に探るサプリメントと栄養成分 > 貧血ぎみ

貧血ぎみ

【貧血の原因】
貧血は、赤血球の数や赤血球中のヘモグロビンの量が少なくなり、体中に酸素が行き渡らなくなることで起こります。
ほとんどの貧血は鉄欠乏性貧血です。
鉄欠乏性貧血とはヘモグロビンの合成に必要な鉄が不足することで起こる貧血で、無理なダイエットや月経による出血、妊娠、授乳など、女性に起こりやすい症状です。
男性でも胃潰瘍などの出血が引き金となります。

他には次のような原因の貧血も見られます。
・再生不良性貧血(骨髄の赤血球生成機能の影響)
・巨赤芽球性貧血(ビタミンB12あるいは葉酸の欠乏によるDNA合成障害)
・溶血性貧血(赤血球の寿命が異常に短い。黄疸を伴う)

貧血になると動悸、息切れ、めまい、爪の割れや反りなどの症状が現れます。

【貧血の予防と改善】
貧血のほとんどは鉄不足によるものですので、鉄分の補給、とくに吸収のよい動物性のヘム鉄を摂りましょう。
ヘム鉄はレバーに豊富に含まれます。
また赤血球を生成するためにはタンパク質も不可欠です。
赤血球中の核酸の合成には葉酸、ビタミンB12が必要です。

これらを食事やサプリメントで効果的に補給します。

Topに戻る〜食品から健康を考えるa-Supply〜


健康ニュース