トップページ > カラダが求める栄養素 > 生活習慣病を予防する栄養素 > EPA

EPA

不飽和脂肪酸の一種でn-3系に分類されます。

EPAはDHAと同様に血中の脂質や悪玉コレステロール、中性脂肪を低下させる働きがあります。
それによって、心筋梗塞、動脈硬化、脳梗塞、高血圧の予防に役立ちます。
このような生活習慣病の予防に効果がある他に、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状にも効果があるといわれています。

肉を多く食べる食生活は、心臓病や動脈硬化の危険性を高めます。
食生活にEPA、DHAの多く含まれる魚を多く取り入れることで、生活習慣病の予防が期待できます。

【EPAの摂取法】
イワシ、サバ、ハマチなど脂肪の多い青魚に多く含まれます。
ただし、EPAは参加すると過酸化脂質という有害物質に変化しますので、早めに食べること、抗酸化ビタミンとともに摂取するなどの工夫をしましょう。

EPAは血液の凝固抑制作用が強いので、血液をサラサラにする分、過剰摂取によって出血しやすくなります。
サプリメントから摂取する場合は摂取量を越えないように気をつけて下さい。

Topに戻る〜食品から健康を考えるa-Supply〜


健康ニュース