トップページ > カラダが求める栄養素 > 生活習慣病を予防する栄養素 > DHA

DHA

EPAと同じく、n-3系多価不飽和脂肪酸に分類されます。

DHAは血中の悪玉コレステロールや中性脂肪値を下げ、動脈硬化や高血圧、心臓病、血栓症を予防する働きがあります。
またDHAは脳細胞の機能を維持する働きがあり、記憶力や理解力を高める働きがあると言われています。

【DHAの摂取法】
DHAはEPAと同様に青魚に多く含まれています。イワシやサバ、マグロなど、特に脂肪の多い部分や目玉の裏側にたっぷりと含まれます。
DHAは参加すると有害な過酸化脂質に変化しますので、刺身など鮮度の高い状態で食べたり、抗酸化ビタミンであるビタミンC、ビタミンE(野菜類)とともに摂取するとよいでしょう。

日常的には魚は不足しがちです。普段魚を食べる機会が少ない人は、サプリメントでの補給も効果的です。

Topに戻る〜食品から健康を考えるa-Supply〜


健康ニュース