トップページ > カラダが求める栄養素 > 更年期障害に効くサプリメント成分 > 大豆イソフラボン

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンとはその名の通り大豆に含まれる成分で、女性ホルモンと同様の作用をします。

大豆イソフラボンは植物性ポリフェノールの一種で、女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きを持ちますので、女性ホルモンのバランスの崩れによる更年期障害の症状、骨粗しょう症や月経前の腹痛、乳房の痛みなどを和らげることができます。

【更年期以降の女性に】
45歳〜55歳頃にかけて、閉経に伴い頭痛や発汗などの更年期特有の体調不良を起こすことがあります。
これは卵巣の働きが低下することにより女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減少し、ホルモンバランスが崩れることに起因しています。

大豆イソフラボンはエストロゲンに似た作用をしますので、大豆イソフラボンを摂取することにより、更年期障害の症状を緩和することが期待できます。

また、エストロゲンはカルシウムが骨から溶け出すのを防ぐとともに、骨の形成を促進する作用があります。
(参考:骨粗しょう症

更年期の女性は骨が弱くなりがちで、骨粗しょう症の心配もあります。
大豆イソフラボンは骨粗しょう症の予防にも役立ちます。

【主に含まれる食品】
大豆、及び納豆、豆腐、味噌など大豆製品
サプリメントでの摂取も効果的ですが、1日何回かに分けて摂取するように心がけましょう。
また継続的に摂取します。

Topに戻る〜食品から健康を考えるa-Supply〜


健康ニュース