トップページ > カラダが求める栄養素 > アミノ酸 > アミノ酸の種類

アミノ酸の種類

体の組織作りに不可欠な成分であるアミノ酸には多くの種類があります。 ここでは アミノ酸の種類と特徴についてご紹介します。

名称主な働き





1バリンBCAA(分岐鎖アミノ酸)の一種。 ロイシン、イソロイシンと同様に、筋肉の合成および運動時の エネルギー源として重要な役割を果たす。
2ロイシンBCAA(分岐鎖アミノ酸)の一種。 バリン、イソロイシンと同様に、筋肉の合成および運動時の エネルギー源として重要な役割を果たす。
3イソロイシンBCAA(分岐鎖アミノ酸)の一種。 バリン、ロイシンと同様に、筋肉の合成および運動時の エネルギー源として重要な役割を果たす。
4トリプトファン神経伝達物質である セロトニンを作り、鎮痛作用や精神安定などに効果がある。
5フェニルアラニン精神を安定させて ストレスを緩和する効果がある。
6スレオニン長の促進、組織の修復 などに効果がある。
7メチオニン肝機能の維持、血中 コレステロールのコントロール。抗うつ剤にも利用されている。
8リジン動物性食品に多く含まれ、 逆に穀物に少ない。糖質の代謝やカルシウムの吸収を助け、肝機能を高める 働きがある。
9ヒスチジン脳内で食欲を抑制し、 エネルギーの代謝を活発にする作用がある。






10アラニン肝臓のエネルギー源
11アスパラギンアスパラガスから見つかったアミノ酸で、 味はわずかに甘く、グリコーゲンの原料になる。
12アスパラギン酸即効性の高いエネルギー源
13システインメラニンの生成を抑える働きがある。
14グルタミン胃腸や筋肉の機能を正常に保つ
15グルタミン酸うまみの成分として知られる。 即効性の高いエネルギー源
16グリシン必須アミノ酸の中で最も単純な構造を持つ。 血色素成分であるポルフィリンをつくる。
17プロリンコラーゲンの主要成分。 エネルギー源としても利用される。
18セリン皮膚や毛髪・爪に必要なアミノ酸
19チロシン脳や神経の働きを活発にし、集中力を高める 働きがある。
20アルギニン血管などの機能を正常に保つ。

Topに戻る〜食品から健康を考えるa-Supply〜


健康ニュース