トップページ > カラダが求める栄養素 > ミネラルの基礎知識 > カリウム

カリウム

【カリウムの役割】
カリウムは生命活動の維持に欠かせないミネラル。
細胞の外側に多いナトリウムに対して細胞内に多く含まれ、神経や筋肉の活動維持、細胞内外の浸透圧の調節など重要な役割を果たしています。
また、ナトリウムを尿中に排出することで血圧を下げる作用があります。

【不足すると・・・】
カリウムは筋肉の収縮の調整に関わっているため、疲れやすいなどの症状が現れます。
さらには高血圧、神経、精神障害、むくみなどの症状がでてきます。

【摂取法】
血液中のカリウム濃度は正常値に保つ必要があります。
カリウム濃度が異常をきたすと、不整脈や心停止を招く恐れがあります。
尿や汗から体外に放出されるので、夏場、多量の汗をかくと夏バテするのは血液中のカリウム濃度の低下によると考えられます。
野菜や果物に多く含まれ、過剰摂取分は通常尿とともに排出されるため、過剰になったり欠乏することはあまりありませんが、下痢が続いたり嘔吐により、急激にカリウム濃度が低下することがあります。
野菜スープやトマトジュースなどで補いましょう。

【多く含まれる食物】
芋類、昆布、ほうれん草、大豆、果物など

Topに戻る〜食品から健康を考えるa-Supply〜


健康ニュース