トップページ > カラダが求める栄養素 > ビタミンの基礎知識 > ナイアシン

ナイアシン

ナイアシン(ニコチン酸)は糖質、脂質からエネルギーをつくる酵素の働きを助けるだけでなく、二日(宿)酔いのもととなるアセトアルデヒドの分解も助けます。
疲労回復や食欲の増進に効果があります。

不足すると、ペラグラという皮膚病を発症します。ペラグラが悪化すると神経障害や認知症など精神障害も引き起こします。
日本での食生活ではナイアシンの不足は心配ありませんが、お酒を飲み過ぎるとナイアシンを大量に消費しますので注意が必要です。

◯主に含まれる食品:
  カツオ、マグロ、落花生、レバー

◯基準摂取量:
  成人男性で14-15mg、女性で11-12mg。
(上限:300mg)

Topに戻る〜食品から健康を考えるa-Supply〜


健康ニュース